■「きれいごと」とは

1.社長の本音(見栄や衒いを削ぎ落として自分の起源を見つけよう)

2.物事はそもそもシンプルである※(どんなに複雑に見えても根源はひとつ)

3.人はもともと善良である※(その結果の原因は、人ではなく誤った前提にある)

※TOC(制約理論)提唱者のエリヤフ・ゴールドラット博士の言葉

※()内の言葉は大沼の補足

■きれいごと経営でつくる未来

誰も泣くことのないしくみ

四方(顧客・社会・スタッフ・経営者)よしの実現 

■誰も泣くことのない社会を目指す理由

●誰かの犠牲の上に成り立つ社会からの脱却

日本は昔からサービスに対価を払うという意識が希薄です。

心配りは自発的にするものであって見返りにするものではない、という文化が根付いていたからでしょう。

その日本で、失われた20年の間にデフレが進行しました。

 

商品の価格は下がっても、品質やサービスは下げられない。

そんな呪縛に囚われ、コストを下げることで対応してきました。

・取引先に泣いてもらって仕入れ値を下げる、短納期で仕上げてもらう。

・従業員に泣いてもらってサービス残業をしてもらう、同じ時間で多くの成果を出すように急かす。

・もちろん経営者自身も泣く泣く自分の報酬と時間を差し出す、借り入れを重ねる。

みんなが泣くことで、コストを下げてきたのです。

 

しかし、誰かの無理を重ねたコストの削減は、一時的には効果を上げたものの、やがて品質の低下をもたらしました。

また、廉価なお店でも過剰なサービスを求める顧客が目立つようになりました。

コストカットは、心のゆとりをも切り詰めてしまったのです。

 

日本の高い品質は、目配り気配りにも支えられていました。

心のゆとりがなくなると、目配り気配りが利かなくなります。

顧客やひろく社会を慮るゆとりがなくなるうえに、誇りも抱きづらくなってくるからです。

ゆとりのない社会は、人々にストレスをもたらし、そのストレスは時として他人に牙を剥きます。

こうして、負の連鎖が広がっていったのです。

 

●きれいごと経営の使命

きれいごと経営は、こうした負の連鎖を断ち切ります。

きれいごと経営の全ての源は、経営者であるあなたの本音です。

あなたの本音にもとづく企業文化を紡ぎ、あなたの会社だけの商品を作り上げることで、競う必要がなくなります。

なぜなら唯一無二だからです。

唯一無二であるものには、誇りが芽生えます。

 

誇りが芽生えると、

・この商品でサービスで、世の中にどうやってお役に立てるのか?

・どのように工夫をすれば、よりお役に立てるようになるのか?

と自律的に考えを巡らせるようになります。

それは、経営者にかぎりません。スタッフもあなたの薫陶を受け、同じように考えるようになります。

同じベクトルで一貫性を持って意思決定が出来るようになる瞬間がやってくるのです。

 

あなたの本音があなたの会社に自律と一貫性の文化を生み、その文化がスタッフを育てます。

あなたの本音が唯一無二の商品・サービスを生み出し、顧客に社会に幸せをもたらします。

その良い流れは循環し、あなた会社・スタッフに幸せをもたらします。

この好循環をバージョンアップしながら繰り返すことによって、あなたの会社の永続性に繋がります。

 

きれいごと経営のつとめは、その永続性を追及するために、

あなたの本音を発掘し、それを元に本音の経営理念をつくり、企業文化にまで昇華させることです。

経営者もスタッフも顧客もあなたの会社のサービスによって広がる社会も、そのすべてが誰も泣きをみることなくうまく循環する。

そんな世界を実現するために、私はきれいごと経営コンサルティングを提供いたします。

 

●きれいごと経営の実践により実現できること

・唯一無二の商品・サービスを提供することにより、価格競争に巻き込まれなくなります

・スタッフに自律性と一貫性が培われ、経営者は好きなことに没頭できます

・独自かつ魅力的な企業文化が賛同する人を惹きつけ、求人の苦労が少なくなります

 

※四方よしの由来

近江商人の活動理念である「三方よし」という言葉はあまりにも有名ですので、みなさんもよくご存じのことでしょう。

「買い手よし、売り手良し、世間良し」

売り手の都合だけで商いをするのではなく、買い手が心の底から満足できるように心を配り、さらには商いを通じて地域社会の発展や福利の増進に貢献しよう。

というものです。

 

きれいごと経営では、売り手(会社)を経営者とスタッフに分解することで、経営者・スタッフ・顧客・社会の四方とし、すべてに良い循環がもたらされることを目指しています。

  対応エリア

中央区他、東京23区

※その他地域もご相談に応じます

FBページ きれいごと経営実践講座