思い遣りのつもりが価値観の押し付けに!?

日頃経営者の方々とお話をしていると、

社員にとても気を配っていることがわかります。

会社で仕事の成果を最大限に発揮してもらうためにも、

社員に少しでもモチベーションを上げて欲しい、

と思うからでしょう。

 

そこからの派生になりますが、

「うちの業種はつまらない苦痛な仕事が多いから、社員が気の毒だ。」

と言う方も結構いらっしゃいます。

表情をみていると、いわゆる照れ隠しではなく、

社員を心から思いやっているのがわかります。

 

社員を思いやる社長。

素晴らしい社長に思えますよね。

しかし、そうとも言い切れないのが辛いところです。

思いやりという行為自体はとても大切なことですが、

その思いやる内容が問題なのです。

 

おそらく思いやりの第一フィルターとして使われているのは、

子供の頃に教えられた

「自分が嫌なことは人にしてはいけません」

という言葉です。

残念なことに、この言葉を曲解している社長が多いのです。

 

ここでの嫌なことは、道徳にもとることです。

自分が苦手なこと、嫌いなこと、ではありません。

 

人それぞれ持ち味も、得意分野も違います。

自分が苦手なこと、嫌いなことをさせない。

ということは、相手を思いやっているつもりで、

無意識のうちに価値観を押し付けているのです。

 

一番スッキリするのは、

社長が「つまらない」と思う仕事は、業務内容から外すことです。

「そうは言っても取引先との関係上、簡単に辞められないよ~」

と言うのであれば、視点を変えてみましょう。

 

先ほども書きましたが、人間には一人ひとり異なる持ち味があります。

社長のあなたにはつまらない仕事でも、

社員Aさんにとってみれば面白い仕事かもしれません。

これがチャンスだと思って、

社長にとって苦痛なこと、つまらないことは、まずは社員に任せてみましょう。

結果、社員にとっても苦痛であり、つまらないことであれば、思い切ってその業務はなくすか外注しましょう。

 

もし、社員にとってやりがいのあることであれば、

会社の方針から外れない範囲で全面的に任せてしまうことで、

自然に社員の自律性を育くむことができます。

大切なのは決め付けないことです。

思いやりが価値観の押し付けになっていないか、時々立ち止まって考えてみましょう。

 

☆本日のきれいごと

「思い遣りと価値観の押し付けは紙一重。社長が余計な気を回すのは慎もう。」

  対応エリア

中央区他、東京23区

※その他地域もご相談に応じます

FBページ きれいごと経営実践講座